『二村一夫著作集』バナー、トップページ総目次に戻る

高野房太郎とその時代 (2)




 

誕生日のこと

 「まえがき」に、歴史探偵の捜査報告書などと書きましたが、さっそく捜査しなければならないのは、高野岩三郎の生年月日です。その人物がいつ生まれたは、伝記的記述の初歩の初歩ですが、実は高野房太郎の場合、ここにいくつか問題があります。そのひとつは、彼の生まれた年の西暦による表記です。これまで使われてきた歴史教科書や人名辞典をふくめ、多くの書物が、これを1868年のことと記録しています。しかしこれは明治元年は1868年のこととする「常識」の落とし穴に落ちたためです。実際は、当時の日本では旧暦=太陰太陽暦が使われていたことを見落としたための初歩的なミスで、房太郎の生まれ年は西暦なら1869年なのです。私は、このことをすでに何回も言っているので、またかと思われる方もおられるでしょう。しかし誤った記述がいっこうにあとを絶たないので、あらためて強調しておきたいと思います。つまり西暦1868年は、慶応3年12月7日に始まり明治元年11月18日で終わります。房太郎の誕生日は、旧暦明治元年11月24日ですから、西暦なら1869年1月6日となるのです。

 もうひとつの問題は、生まれ月です。私たちが、房太郎の生涯、とくに生い立ちについて知ることができる確かな材料を残してくれたのは、彼の実弟・高野岩三郎です。岩三郎は、かねてから志半ばに夭折した兄の伝記を書く望みをもっていましたが、実際にその全生涯について書き残したものとしては、『大日本人名辞書』*1の高野房太郎の項目があるだけです。そこでは房太郎の誕生日を、明治元年12月24日としているのです。 なぜ、私がこの岩三郎の記述にしたがわず、11月24日誕生としたかといえば、要用簿それは、高野房太郎が戸主となった頃から、数年間の高野家の重要事項を記した『要用簿』*2では、房太郎の生まれ月を11月としているからです。『大日本人名辞書』の記載よりもこちらを選んだ根拠は、岩三郎が旧暦11月を新暦に換算する便法として1ヵ月遅れを使ったに違いないと考えたからです。いわゆる「月遅れのお盆」が典型的ですが、太陽暦採用後の日本人は、陰暦時代の年中行事を陰暦そのものによらず、便宜的に1ヵ月遅れで開くことが少なくありません。岩三郎自身がまだ旧暦時代の明治4年の生まれでしたから、旧暦そのままの表記を新暦で使うと実際の生年月日と大きく食い違ってしまうことを知っていました。実は、岩三郎の履歴書のなかに、自分の生年月日を明治4年8月2日としたものが残っています。一方、彼の戸籍上の生年月日は明治4年9月2日です。これも、おそらく旧暦による誕生日は8月2日であったものを、戸籍上では1ヵ月遅れにしたのではないかと推測されるのです*3
 念のため、さらに付け加えておけば、かりに房太郎の誕生月に関する『要用簿』の記載が誤りで、『人名辞書』の12月24日が正しかったとしても、生年は間違いなく1869年です。

 ところで、旧暦=太陰太陽暦から新暦=太陽暦への切り替え問題を調べていて新発見をしました。なんと明治5年は11月が31日まであったのです。このことは、奇人宮武外骨が『明治奇聞』のなかで、「明治五年には十二月なし」として紹介しています*4。すなわち明治5年11月9日の太政官布告は、太陰暦を廃止して太陽暦とすることを決め、旧暦明治5年の12月3日を新暦の明治6年1月1日とすることを宣言しました。ですから、本来なら明治5年12月には1日と2日が残った筈なのですが、これでは「たった両日でも、十二月という月があることにすると、明治新政府の役人たる月給取り全体へ一ヶ月分の給料を払い渡さねばならぬので、それに驚いて」、11月23日の太政官布告で「今般、改暦については、本年十二月朔日二日の両日を、今十一月三十日三十一日と定む」と宣言したというのです。外骨は「一年が十一ヶ月であったということは、日本開暦以来未曾有の珍事である」と論じています。ただ、元号を使うかぎり、ある年が12ヵ月ないのはよくあることで、12ヵ月に満たない年はありえます。しかし、11月が31日まであったというのは明治5年だけ、文字どおり空前絶後のことでしょう。

 日月火水木金土の七曜を取り入れ、土曜は半日休日=半ドン、日曜日を休みとする制度が始まったのもこの時でした。もっと大きな変化は時間制度でしょう。1日を均等に24時間に分割する定時法が取り入れられたのも明治6年1月1日だったのです。それまでは、日の出前の明るくなりかけの時と日の入り後のまだうす明るい時を基準とし、その間を昼夜6等分して一刻(いっとき)とする不定時法でした。ですから、昼と夜、季節、さらには場所によって一刻の長さは違ってきました。夏だと昼の一刻は長く夜の一刻は短くなります。そうした不定時法が機械時計による定時法に切り替えられたのです*5

 ところで、この暦法の変更が宣言されたのは明治5年11月23日ですが、これは新暦でいえば1872年12月9日です。つまり、月日や時間という人びとの日常生活を律するもっとも基本的な仕組みが、予告期間わずかに3週間で変えられてしまったことになります。もちろん、人びとがすぐこれを受け入れたわけではありません。しかし〈文明開化〉は、長い歴史をもつ生活慣行を一片の布告によって激変させたのです。高野兄弟の幼年期は、こうした社会革命、文化革命、生活革命のまっただ中にあったのでした。彼らはまさに〈明治の子〉〈文明開化の子〉だったのです。



【注】

*1 『大日本人名辞書』は田口卯吉の編集により1886(明治19)年に初版が刊行され、以後50年余にわたって改訂が重ねられた貴重な仕事です。最終は1937(昭和12)年の第11版です。高野房太郎の項目は1926(大正15)年6月に大日本人名辞書刊行会編として世に送られた『新版大日本人名辞書』以降に収録されています。この項目の筆者名は記されていませんがこれが高野岩三郎の執筆であることは、「高野岩三郎日記」の1915年8月3日の項に「人名辞彙ニ掲スベキ亡兄ノ略伝ヲ起草シ之ヲ終ル」とあることから明らかです。現在、『大日本人名辞書』は講談社学術文庫で復刻されており、高野房太郎の項は第2分冊の1493〜1494ページにあります。また、鈴木鴻一郎編、高野岩三郎著『かっぱの屁』(法政大学出版局刊、1961年)にも再録されています(291〜292ページ)。
 ただし、その記述にはやや不正確な点が散見されます。そこで、以下に『大日本人名辞書』をもとに全文を記し、明らかな誤りについては〔 〕内に注記しておきたいと思います。なお原文では句読点がほとんど付されていませんが、読みやすさを考え適宜おぎなってあります。

高野房太郎  我国労働運動の先駆者、長崎の人。明治元年十二月〔11月〕二十四日長崎市銀屋町高野仙吉の長男として生る。法学博士高野岩三郎の兄なり。十年父母に伴はれて東京に移る。横浜に汽船回漕業を営める叔父〔伯父〕高野彌三郎の招きに応じ、父は其の生業たりし裁縫業を抛ち、東京神田久右衛門町〔橋本町、のち久右衛門町に町名変更〕に於て回漕業兼旅宿業を経営することとなりたるにより〔よる〕。十二年父死亡の後も叔父〔伯父〕の保護の下に母の主宰に依て営業継続せられしが、十四年神田の大火災に会い家屋焼尽、依って日本橋浪花町に移り引続き営業す。その間神田〔日本橋〕千代田小学校及び本所江東小学校に学び小学の課程を全部終了、直ちに横浜に赴き叔父〔伯父〕の店に勤め、傍ら横浜市立商業学校〔横浜商法学校別科〕に学ぶ。十八年叔父〔十九年、伯父〕没するや、十九年志を立てて米国桑港に渡航し、小雑貨店を開き余暇を以て桑港市立商業学校に入学〔雑貨店の経営中に商業学校に通ったのではなく、入学は1891(明治24)年1月のことで、翌年1月に卒業している〕其の課程を終る。雑貨店は幾くもなく閉鎖し、其の後は専ら諸種の労務に従事し、其の得る所を以て故国の母弟の生計及び学資に充て、傍ら主として経済学の独学自習に励む。二十九年春〔6月〕帰朝、横浜日刊英字新聞ジャパン・アドバタイザー記者〔翻訳者〕となる。高野岩三郎〔および山崎要七郎〕共著の袖珍和英辞典(大倉書店発行)を編纂せるは此の時代にあり。同年六月〔12月〕同社を辞し、片山潜其の他の諸氏と謀り労働組合期成会を起し、口に筆にまた東奔西走、身心を挙げて労働運動殊に労働組合の促進に努力す。同会機関紙『労働世界』に執筆したるもの多し。またこの頃アメリカ労働聯合会の機関紙〔機関誌〕アメリカン・フェデレーショニストの為めに日本の労働者状態または労働運動に関して論文を寄せたること少なからず。三十二年秋労働者的消費組合たる共営社を京橋八丁堀に起し後また之を横浜において営む〔これは順序が逆で、31年暮に横浜共営合資会社をおこし、32年に八丁堀で共営社を経営している〕。然るに期成会並に共営社の事業共に漸く衰運に向いしかば、三十三年日本を去って北清に渡航し、転々流浪、遂に三十七年三月十二日山東省青島の独逸病院において肝臓膿腫の為めに斃る、時に年三十七。同地に於て葬儀を営み、遺骨は之を東京に送り本郷駒込吉祥寺に葬る。日清戦争当時、未だ一般に労働運動の何たるかを解せられざるの際に於いて率先之に当り、特に組合組織に尽せる如き、本邦労働運動史上没すべからざる先駆者の一人なりとす。」

*2 『要用簿』は表紙には「明治十三年初冬 要用簿」、裏表紙には「高野氏秘蔵」と記されている。用紙は和罫紙で、折り目に横浜境町 カネ吉 糸彌と印刷されており、伯父弥三郎が作らせた用箋である。おそらく仙吉の死にともない、後見人となった母ますが作成したものであろう。ただし、ますは漢字の読み書きができなかったから(岩三郎から母への手紙はひらがなだけで書かれている)、番頭などに書かせたものと思われる。内容は区役所などへの各種届け出や戸籍の写しなどである。

*3 大島清『高野岩三郎伝』をはじめ多くの文献で、高野岩三郎の生年月日は1871(明治4)年9月2日となっている。しかし私は、明治4年8月2日、つまり西暦でいえば1871年9月16日であったのではないか、と考えている。なお、鈴木鴻一郎氏が作成し『かっぱの屁』の巻末に掲載された「高野岩三郎先生略年譜および著作目録」は、明治4年8月2日説である。

*4 宮武外骨『明治奇聞』河出文庫、1997年、84ページ。

*5 不定時法、それに太陰太陽暦、つまり1ヵ月の長さは月の満ち欠けで決め、1年の長さは太陽の運行で決めた暦法については、石川英輔『大江戸生活事情』(講談社文庫、1997年)が分かりやすく説明している(同書)。







『高野房太郎とその時代』総目次        未完の高野房太郎伝──大島清先生のこと          

幕末明治期日本古写真展示会
長崎大学付属図書館のバーチャル展示会・「幕末開港と長崎」など、上野彦馬撮影の写真も

前回 (1)誕生の地・長崎銀屋町          次回 (3)高野家の人びと



法政大学大原社会問題研究所         社会政策学会

編集雑記          著者紹介


Written and Edited by NIMURA, Kazuo
『二村一夫著作集』
The Writings of Kazuo Nimura
E-mail:
nk@oisr.org

 Wallpaper Design ©
あらたさんちのWWW素材集


     先頭へ