二村一夫著作集目次に戻る

雑 文 集

第9巻『大原社会問題研究所をめぐる人びとより

  1. 《大原社研こぼれ話》

     大原社会問題研究所に関連した人びとを中心に、研究所にまつわるさまざまなエピソードを描いたエッセイ集。大原社会問題研究所外史。初出は『大原社会問題研究所雑誌』第359号(1988年10月) から第381号(1990年8月)まで。

    a) 大原孫三郎が出した金(1997.9.25掲載)
    b) 大原孫三郎と河上肇 (1997.9.25掲載)
    c) 河上肇と大原孫三郎 (1997.9.25掲載)
    d) 研究員第1号 (1997.9.25掲載)
    e) 後藤貞治のこと (1997.9.25掲載)
    f) 柏木の土蔵(1997.9.25掲載)
    g) 荒畑寒村の見た大原社研開所式(1997.9.25掲載)
    h) 月島調査と大原社研 (1997.9.25掲載)
    i) 宇野弘蔵と浅草調査 (1997.9.25掲載)
    j) 権田保之助のこと (1997.9.25掲載)
    k) 権田と櫛田──明治の社会主義青年 (1997.9.25掲載)


  1. 未完の高野房太郎伝──大島清先生のこと (1997.10.2掲載、98.5.3画像追加 98.5.7付記追加)

     法政大学大原社会問題研究所元所長であり、高野岩三郎・房太郎研究での先達でもある大島清先生についての追憶。『人生は旅 人は旅人──大島清追憶文集』(私家版、1985年5月刊)への寄稿。

  2. 爽やかな笑顔──中林賢二郎さんのこと (1997.10.2掲載 98.5.7 画像追加)

     法政大学大原社会問題研究所研究員として先輩だった中林賢二郎さんの思い出。
    初出は『労働法律旬報』1139号(1986年3月上旬)、のち『追憶 中林賢二郎』(1987年2月刊)に採録。

  3. 《日本社会運動史料》と松尾多賀さん (1997.10.2掲載 2000.4.29画像追加)

     松尾多賀さんは、《日本社会運動史料》におさめた『無産者新聞』、『労農新聞』などの詳細な索引を作成された縁の下の力持ちだった。
    初出は、松尾洋編『松尾多賀をおくる』(1995年5月刊)。1997年10月2日加筆。




第12巻 『食の自分史』

  1. 前口上 (2003.5.23掲載)
  2. ガラスの瓶のドロップス (2003.5.29掲載)
  3. 玄米食と高圧釜 (2003.6.2掲載)
  4. 離乳食 (2003.6.5掲載)
  5. コンデンスミルク (2003.7.9掲載)
  6. 和風チューインガム (2003.6.15掲載)
  7. 祖母の手作りおやつ (2003.6.18掲載)
  8. 川魚 (2003.7.5掲載)
  9. 五家宝、磯部せんべい、笹飴 (2003.7.19掲載)
  10. みすず飴 (2003.8.2掲載)
  11. 枝豆と黄粉 (2003.9.7掲載)
  12. 揚げ栗の飴かけ──本格中華初体験 (2003.10.31掲載)
  13. ネーブル (2003.12.10掲載)
  14. 弁当 (2004.3.31掲載)
  15. 乾燥バナナ (2004.4.24掲載)
  16. おふくろの味(1)──五目飯 (2004.7.24掲載)
  17. おふくろの味(2)──ライスカレー (2004.8.13掲載)
  18. クマ、ツグミ、アトリ (2004.10.21掲載)
  19. おふくろの味(3)──カリントウとドーナツ (2004.12.13掲載)
  20. (2005.1.5掲載)
  21. 「年越しそば」か「年取り魚」か(2005.1.8掲載)
  22. おのっぺ(2005.1.11掲載)
  23. お年取り料理(2005.3.11掲載)
  24. 元日の食事(2005.3.24掲載)
  25. 箱膳(2005.5.3掲載)
  26. 「銀めし」(2005.7.27掲載)
  27. 塩イカ(2006.2.22掲載)
  28. 野山のおやつ(1)──桑の実、桜の実、木イチゴ(2006.6.22掲載)
  29. 野山のおやつ(2)──あけび(2006.7.22掲載)
  30. 野山のおやつ(3)──柴栗と丹波栗(2006.8.22掲載)
  31. 野山のおやつ(4)──鬼胡桃(2006.8.29掲載)
  32. ばんかぜり(2006.10.30掲載)
  33. くりたけ(2007.11.14掲載)
  34. お葉漬け(2016.2.7掲載)
  35. コイ(鯉)(2017.1.13掲載)


『食の自分史』第2部 ─小胃期─

  1. 胃癌手術後の食事 ─ はじめに ─
  2. 胃癌手術後の病院食(上) 流動食
  3. 胃癌手術後の病院食(中) 三分粥
  4. 胃癌手術後の病院食(下) 五分粥〜全粥
  5. 4. 胃癌手術から1年間(上)─ 小さな胃に慣れるのは容易ではない ─





第13巻『さまざまな出会い』

  1. 大学ノートの落書き──向坂逸郎先生のこと (1997.10.13掲載、98.5.7画像追加)

     『社会主義』250号(1986年2月)所収。

  2. 石母田正先生 (1999.10.5掲載)

     大学院での恩師についての追悼文。雑誌『法政』1986年4月号。

  3. へそ曲がり仲間──大原慧さんのこと

     大原慧(さとし)さんは年長の友人。留学中の1985年2月17日、急性白血病でイギリス・シェフィールドで客死された。大原慧さんを偲ぶ会編『追憶の大原慧』(1995年11月刊)に寄稿

  4. 弔辞・石母田芳子さま (1997.10.13掲載、98.5.7画像追加)

    1994年3月8日、石母田正夫人・芳子さまの葬儀に際して。

  5. 未完の高野房太郎伝──大島清先生のこと (1997.10.2掲載、98.5.3画像追加 98.5.7付記追加)

    『人生は旅 人は旅人──大島清追憶文集』へ寄稿。

  6. 爽やかな笑顔──中林賢二郎さんのこと (1997.10.2掲載 98.5.7 画像追加)

    『労働法律旬報』1139号(1986年3月上旬)掲載。のち『追憶 中林賢二郎』(1987年2月刊、追悼文集刊行委員会編)に収録。

  7. 弔辞・林要さん (2003.8.9掲載)
  8.  1991年暮に亡くなられた林要さんは、私が勤務していた大原社会問題研究所の大先輩です。私が担当していた《復刻シリーズ 日本社会運動史料》の仕事でたいへんお世話になりました。

  9. 《日本社会運動史料》と松尾多賀さん (1997.10.2掲載 2000.4.29画像追加)

    松尾洋編『松尾多賀をおくる』(1995年5月刊)に寄稿。1997年10月2日、Web掲載時に加筆。

  10. この一年 ─ 追悼一束 〔2002.12.19掲載、12.22追補〕

     2002年中に亡くなられた旧知の方々 ─ 鈴木徹三、ロイドン・ハリソン、藤本武、大羽奎介の諸氏を偲んで。《編集雑記》から

  11. 追悼 隅谷三喜男先生、山住正己さん (2003.3.31掲載)

     2003年2月に相次いで亡くなられた旧知のお二人を偲んで。《編集雑記》から

  12. 藤田省三さんのこと (2003.7.7掲載)

     藤田省三さんは、私が畏敬する先輩でした。《編集雑記》から

  13. トム・スミス追悼 (2004.3.30掲載)

     二十数年来の年長の友人の死を悼んで。《編集雑記》から

  14. 半世紀余の交流──追憶・塩田庄兵衛先生 (2010.8.4掲載)

    塩田庄兵衛さんは労働運動史研究の先学。『大逆事件の真実をあきらかにする会ニュース』第49号(2010年1月)へ寄稿。

  15. 天衣無縫の男 ─ 追悼 小野寺正臣 (2011.6.15掲載)

    2010年5月22日に逝去した小野寺正臣は、旧制中学・高校・大学を通しての友人でした。『正臣君の想い出』(2011年5月刊、私家版)に寄稿。

  16. 「向坂文庫」について (1997.12.26掲載)

     雑誌『法政』404号(1990年3月)。

  17. 向坂文庫の寄贈を受けて (1997.12.26掲載)

     『労働組合』227号(1986年2月)所収。

  18. 事務局長落第記 (2000.9.27掲載)

     『労働運動史研究会会報』創立30周年記念号への寄稿。

  19. 私の三冊 (2000.9.27掲載)

     岩波文庫創刊70年記念号アンケート

  20. 私の薦めるこの1冊 (2000.9.27掲載)

     岩波新書創刊60年記念号アンケート

  21. 『みすず』読書アンケート (未掲載)


  22. 年表大国・日本 (1999.10.5掲載)




第14巻 『インターネット評論』

  1. インターネット・ウオッチ

     法政大学大原社会問題研究所の公式サイトOISR.ORGのオンライン・ニューズレター Oisr-Watch に連載したコラム、および《編集雑記》における、ウエッブ・サイトの紹介と評論。

    1) The WWW Virtual Libraryのこと
    2) 社会史国際研究所(アムステルダム)のウエッブサイト
    3) 労働史研究機関国際協会(IALHI)の加盟機関(1)
    4) LabourStartのこと
    5) 日本国内の社会・労働関係リンク集
    6) 日本の労働関係の研究機関
    7) workindex.comのことなど(正誤訂正)(以上1999.9.25掲載、9.26訂正)
    8) 分野別サーチエンジン点検(1999.9.27掲載)
    9) Labour Website of the Year 1999(2000.1.21掲載)
    10) 社会・労働関係の国際会議情報(2000.2.15掲載)
    11) 海外の学会サイト (2000.3.13掲載)
    12) OISR.ORGへリンクしている海外サイト(2001.6.18掲載)
    13) OISR.ORGへリンクしている海外サイト 〔改訂増補版〕 (2001.7.26掲載)
    14) ハングルサイトを日本語で読む──韓日自動翻訳サイト紹介 (2002.6.9掲載)
    15) ハングルサイトを日本語で読む(2) (2002.7.3掲載)
    16) 日本語サイトをハングルで読む(日韓自動翻訳実験) (2002.9.3掲載)
    17) イラク反戦関連サイト紹介 (2003.3.24掲載)
    18) HOLLISはすごい!──ハーバード大学図書館検索システムの変貌 (2003.2.28掲載)
    19) 電子図書館と著作権問題──国会図書館の著作者公開調査に寄せて(2003.8.29掲載)
    20) 国会図書館サイトの大変貌 (2004.7.27掲載)
    21) ブラウザーあれこれ (2004.12.11掲載)
    22) 難問解決──「機種依存文字」の表示方法 (2006.3.17掲載)
    23) 「機種依存文字」の表示方法(その2) (2006.3.17掲載)
    24) リンク集のこと (2006.4.30掲載)
    25) 《学術論文E-TEXTリンク集》のこと (2006.5.11掲載)
    26) 「紀要公開サイト」の問題点 (2006.5.30掲載)
    27) 《社会政策学会文書館》のこと (2006.7.29掲載)


  2. 電子図書館時代の幕開け (2002.11.7)
  3.  国会図書館の《近代デジタルライブラリー》発足の際の紹介文。学術系オンラインジャーナル Academic Resource Guide 第145号、2002年11月5日掲載。

  4. 大原デジタルライブラリーのこと (1999.9.25掲載)

     学術系オンラインジャーナル Academic Resource Guide 第37号、1999年8月5日掲載。『大原社会問題研究所雑誌』495号(2000.2)に転載。

  5. インターネットと労働運動──世界と日本の労働組合サイト (1998.9.29 掲載)
     同 PDF版 (2001.6.6掲載)

     1998年7月22日に法政大学大原社会問題研究所の月例研究会において「労働運動とインターネット」と題しておこなった報告の原稿を補正したもの。『大原社会問題研究所雑誌』98年12月号掲載。

  6. 付 紹介 エリック・リー『労働運動とインターネット』 (1998.9.25掲載)
     同 PDF版 (2001.6.6掲載)

     インターネットと労働運動との関連を論じた世界最初の本、Eric Lee ,The Labour Movement and the Internet: the New Internationalismの紹介。『大原社会問題研究所雑誌』no.478(1998年9月号)所収。





《編集雑記》

  1. 刊行開始2周年 〔1999.9.25〕
  2. 本サイトの作成経過(1) 〔1999.9.25〕
  3. 『高野房太郎とその時代』書き下ろし連載開始 〔2000.1.17〕
  4. 泥縄の「長崎学」勉強 〔2000.2.10〕
  5. 第8巻『社会運動機関紙誌の書誌的研究』刊行 〔2000.3.7〕
  6. 高野伝のファイル分割と新着一覧の移動 〔2000.3.12掲載。3.16、3.18追記〕
  7. 編集者・校正者の役割──本サイトの作成経過(2) 〔2000.3.18〕
  8. 第3期刊行開始 〔2000.3.25〕
  9. 色はいろいろ──本サイトの作成経過(3) 〔2000.4.1〕
  10. 第6巻『日本労働運動史研究案内』刊行完了 〔2000.4.14〕
  11. ようやく東京へ 〔2000.4.19〕
  12. 高野房太郎の旧跡探検(その1) 〔2000.5.5〕
  13. 全巻刊行開始 〔2000.6.14〕
  14. 親バカ情報 〔2000.6.30〕
  15. 高野房太郎の旧跡探検(その2──横浜) 〔2000.8.26〕
  16. この1年──刊行開始3周年にあたって 〔2000.9.26〕
  17. リンク集のこと──『高野伝』連載遅延の言い訳け 〔2000.12.4〕
  18. 英文小著への書評 〔2000.12.5〕
  19. 読者各位への年賀状 〔2001.1.1〕
  20. お詫びと言い訳 〔2001.3.15〕
  21. OISR.ORGの快挙 〔2001.4.20〕
  22. 『明治日本労働通信』補訂版の掲載について 〔2001.5.20〕
  23. 『火星の井戸掘り新聞』インタビュー 〔2001.5.21〕
  24. インターネット時代の著作権(1) 〔2001.10.22〕
  25. 『経済学雑誌』に小論発表(近況報告1) 〔2001.10.22〕
  26. 比較労働史ゼミ(近況報告2) 〔2001.10.22〕
  27. 英文小著への書評(その2) 〔2001.11.2〕
  28. 紹介『Web 大学出版』 〔2001.11.16, 11.24訂正〕
  29. インターネット時代の著作権(2) 〔2001.12.10〕
  30. 9.11事件雑感──「季節のごあいさつ」とともに 〔2001.12.24、2002.1.4補訂〕
  31. ハーバード大学の内紛──Lawrence Summers vs. Cornel West 〔2002.1.8掲載〕
  32. コーネル・ウエストの証言 〔2002.1.10掲載〕
  33. ハーバード大学内紛事件を考える 〔2002.1.12掲載〕
  34. コーネル・ウエストの〈ラップCD〉 〔2002.1.22掲載〕
  35. 社会政策学会サイト開設5周年 〔2002.2.6掲載〕
  36. 発見! 英文版・末弘厳太郎『日本労働組合運動史』 〔2002.3.13掲載〕
  37. 小さな報告書の大きな波紋──MITの女性教授差別是正宣言 〔2002.3.24掲載〕
  38. 帰国のご挨拶 〔2002.4.30掲載〕
  39. 英文小著のサンプルページ 〔2002.8.2掲載〕
  40. 刊行開始5周年 〔2002.9.25掲載〕
  41. 国会図書館の変貌 〔2002.11.20掲載〕
  42. この一年──追悼一束 〔2002.12.19掲載、12.22追補〕
  43. 『社会政策学会年報』総目次のこと (2002.12.27掲載)
  44. 読者各位への年賀状 (2003.1.1掲載)
  45. 高野房太郎、アメリカからの手紙 (2003.1.18掲載)
  46. HOLLISはすごい!──ハーバード大学図書館検索システムの変貌 (2003.2.28掲載)
  47. イラク反戦関連サイト紹介 (2003.3.24掲載)
  48. 追悼 隅谷三喜男先生、山住正己さん (2003.3.31掲載)
  49. カタカナ語好きなNHK (2003.4.30掲載)
  50. 『食の自分史』連載開始にあたって (2003.5.23掲載)
  51. 祖父の日記 (2003.6.26掲載)
  52. 藤田省三さんのこと (2003.7.7掲載)
  53. 電子図書館と著作権問題──国会図書館の著作者公開調査に寄せて (2003.8.29掲載、8.30補訂)
  54. 刊行開始6周年 (2003.9.25掲載)
  55. 『足尾暴動の史的分析』第1章、掲載完了 (2003.10.18掲載)
  56. ようやく長崎へ (2003.10.27掲載)
  57. 房太郎帰国 (2003.12.2掲載)
  58. 年頭のご挨拶 (2004.1.1掲載)
  59. 生き返った『横山源之助全集』 (2004.2.8掲載)
  60. 「高野・ゴンパーズ往復書簡集」完結 (2004.3.25掲載)
  61. トム・スミス追悼 (2004.4.30掲載)
  62. 高野房太郎の旧跡探検(その3)サンフランシスコ(1) 〔2004.6.5〕
  63. 高野房太郎の旧跡探検(その4)サンフランシスコ(2) 〔2004.6.22〕
  64. 国会図書館サイトの大変貌 (2004.7.27掲載)
  65. 『足尾暴動の史的分析』掲載の中間報告 (2004.9.8掲載)
  66. 刊行開始7周年──縦書き表示に挑戦 (2004.9.21掲載)
  67. ブラウザーあれこれ (2004.12.11掲載)
  68. 年頭のご挨拶 (2005.1.1掲載)
  69. 労働組合期成会『工場法案に対する意見書』のこと (2005.2.15掲載)
  70. 高野房太郎の旧跡探検(その5)──貸席・柳屋跡 (2005.3.5掲載)
  71. 社会政策学会史料のこと (2005.4.15掲載)
  72. 高野房太郎の旧跡探検(その6)──「神田青年会館」跡 (2005.5.27掲載、5.31補訂)
  73. 高野房太郎の旧跡探検(その7)──キングスレー館跡 (2005.6.5掲載)
  74. 高野房太郎の旧跡探検(その8)──労働組合期成会事務所跡 (2005.7.9掲載)
  75. 高野房太郎の旧跡探検(その9)──生協売店「共営社」跡 (2005.8.30掲載)
  76. 刊行開始8周年──『高野房太郎とその時代』完結へ (2005.9.25掲載)
  77. 大原孫三郎を描いたTV番組の全国放送 (2005.10.27掲載)
  78. 年賀欠礼 (2005.11.27掲載)
  79. 季節のご挨拶 (2006.1.30掲載)
  80. 近況報告 (2006.2.28掲載)
  81. 難問解決──「機種依存文字」の表示方法 (2006.3.17掲載)
  82. 「機種依存文字」の表示方法(その2) (2006.3.17掲載)
  83. リンク集のこと (2006.4.30掲載、5.11改訂)
  84. 《学術論文E-TEXTリンク集》のこと (2006.5.11掲載)
  85. 「紀要公開サイト」の問題点 (2006.5.30掲載)
  86. 《社会政策学会文書館》のこと (2006.7.29掲載)
  87. トップページの模様替え (2006.8.26掲載)
  88. 刊行開始9周年 (2006.9.25掲載)
  89. 年頭のごあいさつ (2007.1.1掲載)
  90. 祝・旧町名復活──長崎銀屋町 (2007.1.22掲載)
  91. 足尾暴動100年──『足尾暴動の史的分析』第3章英訳の掲載開始 (2007.2.7掲載)
  92. 高野房太郎の旧跡探検(その10)──長崎編(1)生家の所在地 (2007.2.28掲載)
  93. 高野房太郎の旧跡探検(その11)──長崎編(2)母・マスの実家跡 (2007.4.24掲載)
  94. 『横山源之助全集』完結 (2007.8.30掲載)
  95. 刊行開始10周年 (2007.9.25掲載)
  96. 新年のごあいさつ (2008.1.1掲載)
  97. 『高野房太郎とその時代』の活字本 (2008.6.10掲載)
  98. 第1回ARGカフェ参加記 (2008.7.21掲載)
  99. 『労働は神聖なり、結合は勢力なり──高野房太郎とその時代』、近日刊行 (2008.8.25掲載)
  100. 「企業別組合」論をめぐるインタビュー (2008.9.4掲載)
  101. 新年のごあいさつ (2009.1.8掲載)
  102. 冲永賞受賞 (2009.4.27掲載)
  103. 拙著に対する小松隆二氏書評 (2009.5.26掲載)
  104. 社会政策学会学術賞受賞 (2009.5.27掲載)
  105. 年頭のご挨拶 (2010.1.1掲載)
  106. 高野房太郎日記の公開 (2010.7.9掲載)
  107. 季節のご挨拶 (2011.1.29掲載)
  108. 天衣無縫の男 ─ 小野寺正臣追悼 (2011.6.15掲載)
  109. 新春のご挨拶 (2012.1.2掲載)
  110. アンドルー・ゴードン著 二村一夫訳『日本労使関係史 1853-2010』刊行 (2012.7.27掲載)
  111. アンドルー・ゴードン著 二村一夫訳『日本労使関係史 1853-2010』第2刷刊行 (2012.11.30掲載)
  112. 年頭のご挨拶 (2013.1.1掲載)
  113. アンドルー・ゴードン著 二村一夫訳『日本労使関係史 1853-2010』の書評一覧 (2013.4.16掲載)
  114. アンドルー・ゴードン著 大島かおり訳『ミシンと日本の近代 ─ 消費者の創出』の書評紹介 (2013.10.30掲載)
  115. 新年のご挨拶 (2014.1.1掲載)
  116. 近況報告・《鴎外研究関連リンク集》の制作とアクセス解析 (2014.7.11掲載)
  117. 英語版の改訂増補 (2014.9.4)
  118. 季節のご挨拶 (2015.1.29掲載)
  119. 《二村一夫著作集》、独自ドメインに移行 (2015.8.11掲載)
  120. 縦書きファイル制作の中止 (2015.8.30掲載)
  121. モバイル フレンドリー (2015.11.2掲載)
  122. 年頭のご挨拶 (2016.1.2掲載)






比較労働史研究        鉱業労働史研究        高野房太郎研究        雑文集


大原研究所をめぐって        史料研究        更新履歴        著者紹介



【最終更新:

Written and Edited by NIMURA, Kazuo
『二村一夫著作集』
The Writings of Kazuo Nimura
E-mail:
nk@oisr.org

Wallpaper Design ©
壁紙工房Giggurat