『二村一夫著作集』バナー、トップページ総目次に戻る

高野房太郎とその時代 (48)




5. 軍艦で世界一周

東回り航路(1)
     ─ 大西洋〜地中海

マチアス号航路、アメリカからアジアに。エンカルタ地球儀によって作成

 いよいよ房太郎の海上勤務が始まりました。水兵として働くのはこれが初めてでしたが、職務である「ウエイター」は長年慣れ親しんだ仕事で、それほど無理なくこなせたに違いありません。大西洋横断の際は、来る日も来る日も見えるのは波ばかりという景色に退屈することもあったでしょうが、乗客とは違って業務があるわけで、時間をもてあますこともなかったでしょう。しかも、初体験の東回り航路で、地中海に入ってからはずっと未知の国々を眺めながらの船旅で、興味深く、日々を過ごしたものと思われます。
  ただ揺れの激しい小さな軍艦での長旅ですし、場所による気候の変動も大きいので、体調の維持には気をつかったことでしょう。なにしろアメリカ東海岸から北大西洋を横断し、地中海を横切り、紅海を南下し、インド洋を経てマラッカ海峡を抜け、さらに北太平洋を北上したのです。経度にして240度も東へ移動しています。つまり地球をちょうど3分の2周したことになります。南北方向でも、北緯40度のニューヨークから赤道直下のシンガポールに下り、そこから北東アジア海域の北緯30〜40度帯に戻っているのです。ニューヨークを出発したのが1894(明治27)年11月20日、香港到着が1895(明治28)年3月5日、長崎に着いたのは1895(明治28)年4月25日でした。これだけで5ヵ月余、157日を要しています。この間に日清戦争は終わり、すでに講和条約の調印も済んでいました*1

 さて、ここで検討しておく必要があるのは、房太郎のマチアス乗り組みの目的です。もし彼が、単に軍艦を船賃無料の汽船代わりに使おうと考えていたのであれば、最初に日本に到着した機会をとらえて上陸していたでしょう。あるいは、一日も早く日本で労働組合運動を始める計画をもっていたとすれば、同様の行動をとったに違いありません。もちろん水兵としての契約期間は3年ですから、途中上陸は契約違反になります。ただ、房太郎は最終的には契約期間の途中で、これを一方的に破棄して脱走しているのです。問題は、房太郎がマチアスを脱艦し日本に上陸したのは、この最初の長崎到着から1年2ヵ月も後だったことです。この事実から、房太郎がアメリカ海軍の水兵となった主目的は、働きながら世界各地を見て回ることにあった、と推測されます。また、あれだけ熱心に労働運動に関する情報収集に努めていた房太郎ですが、けっして運動開始を急いでいたわけではないようです。そこで、われわれも房太郎といっしょに、彼が見て回った土地を訪ねる旅に出ることにしましょう。

 なにしろ砲艦マチアスは大砲を8門も積んだ小艦艇で、しかも乗員が150人近くいましたから、艦内に物資を貯蔵するスペースは限られていました。それに客船にくらべ船足も遅かったので、途中で頻繁に寄港し、食料や水、それに燃料を補給せざるをえなかったのです。しかし、これは世界各地を見たいと思う房太郎にとっては、かえって好都合だったことでしょう。
  マチアス号がまず最初に目指したのは、大西洋まっただ中のポルトガル領アゾレス諸島でした。つい先ごろ、イラク攻撃に先立って、英米スペイン3ヵ国首脳が会談を開いた場所としてご記憶の方もおられると思います。ポルトガル領といっても本土から1500キロも離れた大西洋上に浮かぶ群島です。大西洋中央海嶺の最高峰ともいうべき火山島で、一夜にして海中に沈んだと伝えられる謎の大陸アトランティスの候補のひとつです。
アゾレス諸島。エンカルタ地球儀によって作成。
  マチアスがアゾレス諸島最大の島サン・ミゲル島ポンタ・デルガーダ港に到着したのは1894年12月2日のことでした。ニューヨークを発って、すでに2週間近い日々が経過していました。実は、ちょうど8年前のこの日、房太郎はニューヨーク号で横浜からサンフランシスコに向かったのでしたが、はたしてそのことを思い浮かべる余裕があったでしょうか。150人からの兵員の三度三度の食事をまかなう食堂勤務員の仕事で忙しく、思い出にふけっている暇などなかったのかもしれません。

 サン・ミゲル島で物資の補給を終えたマチアスは、12月4日にふたたび出航し、つぎの目的地であるジブラルタルを目指しました。大西洋から、ユーラシア大陸とアフリカ大陸を分かつ地中海への入り口がジブラルタル海峡、その海峡の喉元にある港がジブラルタルです。ジブラルタル周辺地図。エンカルタ地球儀によって作成。ジブラルタル海峡周辺。イベリア半島にある逆U字型の湾の右、白っぽい部分が英領ジブラルタル。Photo Credit: NASA.
  もともとはスペイン領でしたが、その地政学的な重要性から18世紀にイギリスがその植民地とし、今なおヨーロッパにただひとつ残る植民地です。マチアスはこのジブラルタルに12月9日に入港し、同月18日に出航しました。足かけ10日間も滞在していますから、房太郎もおそらく上陸して隣接するスペインのアンダルシア地方を眺める時間があったことでしょう。はたしてグラナダやセビリアまで足を伸ばせたかどうかは、分かりませんが。

マルタ共和国周辺、エンカルタ地球儀によって作成。

 ジブラルタルを出航したマチアスの次の目的地はマルタ島でした。イタリア半島の先、チュニジアとの間にある小さな島です。ここは古くから地中海交通の要衝で、古代文明が栄えた島として知られています。なにしろピラミッドより古い紀元前3000年も昔に造られた巨石神殿の遺跡があるのです。
  マチアスは12月22日にヴァレッタ港に入り、27日まで停泊しています。つまりクリスマスを、この聖ヨハネ騎士団が作り上げた城塞都市で過ごしたわけです。おそらく乗組員の多くは、聖ヨハネ大聖堂で開かれたクリスマス・ミサに参列したと思われます。もっとも房太郎はキリスト教にはほとんど関心を示していませんから、見物には行っても、ミサに加わることはなかったでしょう。

 12月27日、マルタを出航したマチアスは、スエズ運河の入り口、エジプトのポートサイドに向かい、ちょうど大晦日に到着しています。こうして房太郎にとって多事多端、しかし有意義な1年だった1894年は暮れました。ニューヨークを発って42日目でした。



【注】

*1 日清戦争主要事項
1894(明治27)年
7月25日 日本艦隊、朝鮮・豊島沖で清国艦隊を攻撃。日清戦争の発端。
8月 1日 日清両国、宣戦布告。
9月17日 黄海海戦。日本艦隊、清国北洋艦隊を撃破。
11月21日 旅順口占領。
1895(明治28)年
2月 1日 日本・清国両国全権代表、広島県庁で交渉開始。
2月12日 清国北洋艦隊降伏。
3月30日 休戦条約調印。
4月17日 下関で講和条約に調印。
4月23日 露独仏三国干渉。
5月 4日 閣議、遼東半島の放棄を決定。




Written and Edited by NIMURA, Kazuo
『二村一夫著作集』
The Writings of Kazuo Nimura
E-mail:
nk@oisr.org

 Wallpaper Design ©
あらたさんちのWWW素材集


     先頭へ