二村一夫著作集目次に戻る


《編集雑記》26 (2019年8月〜 )

「再論・〈労働者の声〉の筆者は誰か?」を発表

暑中お見舞い申し上げます。梅雨寒の日々が続きましたが、ようやく関東地方でも梅雨が明け、強い日射しが戻って来ました。
 さて、このたび、久しぶりにネット上ではなく、活字で論文を発表しました。『大原社会問題研究所雑誌』No.730(2019年8月号)に「再論・〈労働者の声〉の筆者は誰か?」を掲載したのです。内容的には、すでに本著作集に掲載済みの、大田秀昭氏との一連の論争を総括したもので、「労働者の声」の筆者は徳富蘇峰であることを論証しています。長年の謎に答を出すことが出来たと考えています。
 実は、論争の最中に投稿した論稿が、厳しい査読のすえ【研究ノート】なら掲載するという審査結果となりました。これは、査読者の判断が正しく、当然の結果でした。そこで論旨・結論とも見直し、書き改めて再投稿し、ようやく【論文】として掲載が認められた次第です。つい先ごろ、若い友人から、『大原社会問題研究所雑誌』に投稿したが、査読前の審査ではねられたという経験を知らされたばかりでした。私が大原研究所に勤務していた20年前とは、『大原社会問題研究所雑誌』の編集体制が格段に向上していることを、身をもって体験した次第です。来月末には、研究所サイトにPDFで公表されますから、どなたでも容易に読んでいただけるようになります。
 また、『大原社会問題研究所雑誌』の次号、731・732合併号には「大原社会問題研究所の100年」が掲載されます。こちらは、研究所の創立100周年の集いでの《記念講演》の記録を大幅に加筆訂正したものです。こちらも、いずれ研究所サイトにPDFで掲載されますので、ご一読いただければ幸いです。
【2019年7月29日掲載、7月31日補訂】



《編集雑記》目次            編輯雑記(25)


 

法政大学大原社研      社会政策学会     



鉱業労働史研究          比較労働史研究      


高野房太郎研究          大原研究所をめぐって         



著者紹介          雑文集

【最終更新:

Written and Edited by NIMURA, Kazuo
『二村一夫著作集』
The Writings of Kazuo Nimura
E-mail:
nk@oisr.org
Wallpaper Design ©
壁紙職人